【フランス・パリ編】絶対に行っておくべきスポットご紹介~Part1~

旅行

花の都と称される美しい街、フランス・パリ。

今回は、そんなパリの魅力に迫ってまいりたいと思います。

スペイン・バルセロナ編同様、絶対に行くべきおススメのスポットが多くありますので、いくつかに分けてご紹介していきます。

それでは、皆さんの最高の旅の手助けになれるようお伝えしていきます。

ぜひ参考にされて下さい。

1.海外旅行で持っていくもの

何度も何度も言いますが、海外旅行は準備が大事です!

【イタリア・ヴェネチア編】【イタリア・ローマ編】で私が海外旅行で持っていくもののおススメをしていますので、こちらのサイトで参考にされてみてください。

 

2.絶対に行くべきスポット【パリ編】

それでは、フランス・パリで絶対に行っておくべきポイントをご紹介します。

まず、この旅行の内容のおさらいをしておきます。

この旅の内容としては、ざっくりですがイタリア→スペイン→フランスの順で巡ろうと考えていました。1人旅です。

フランスではパリを巡りました。

パリで絶対行くべきスポット①「ルーヴル美術館」

まずはルーヴル美術館です。

世界最大級の美術館で、収蔵品は380,000点以上あり、そのうち35,000点近くを展示しています。

総面積60,600平方メートルもあり、正直迷路すぎて全てを回りきれませんでした。

観たい作品をあらかじめ絞って、効率よく観なければ、時間も足りませんし、疲弊で作品を楽しめなくなってしまうので注意が必要です。

また、入場者数が世界で最も多い美術館で、毎年800万人を超える入場者が訪れます。(2018年は1000万人を超えています)

有名な作品で言えば、モナ・リザ、ミロのヴィーナス、サモトラケのニケなどはご存じの方も多いのではないでしょうか。

他にも「あ、これ教科書で見たことある」なんていう作品がごろごろ並べられています。

正直、芸術に疎い私でも存分に楽しむことができました。

混雑必死なので、事前にチケットを購入して行くことをおススメします。

事前に購入しておくことで2€ほど安くなるので少しお得でもあります。

パリで絶対行くべきスポット②「エトワール凱旋門」

パリと言えば「あの凱旋門」と思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

そう、エトワール凱旋門です。パリの象徴とも言えるのではないでしょうか。

シャンゼリゼ通りの地下入口から地下道を入り、実際に屋上まで上ることができます。(屋上まで上るのは有料です)

基本的に上るのは階段ですので(不自由な方のみエレベーターもありますが、中二階までです)、覚悟して上りましょう!(そんなにきつくないです。)

「凱旋門」自体は戦勝記念碑であり、このエトワール凱旋門においてはアウステルリッツの戦いに勝利した記念に、ナポレオン・ボナパルトの命により1806年に建設が始まりました。完成は1836年のことです。

エトワール凱旋門を中心に、シャンゼリゼ通りを始めとする12本の通りが放射状に延び、星のように見えることから「星の広場(エトワール広場)」呼ばれ、名前がついています。

ただ現在は、「シャルル・ド・ゴール広場」の名称となっています。

何といっても雄大なこの門は、見る者を圧倒します。

高さは50mもありますので、間近でみると圧巻です。

エトワール凱旋門を背に写真を撮り、ぜひ記念に残してみてはいかがでしょうか?

 

3.まとめ

いかがでしたでしょうか。

まだまだおススメの場所はたくさんありますので、いくつかパートにわけてまたご紹介していきます。

今回は、

・ルーヴル美術館

・エトワール凱旋門

をご紹介しました。

本当におススメのところをご紹介していきますので、ぜひ参考にされてください。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

  1. […] 前回は、【フランス・パリ編】絶対に行っておくべきスポットご紹介~Part1~において、ルーヴル美術館とエトワール凱旋門をご紹介しました。 […]

タイトルとURLをコピーしました