生活

イケメンは良い?!悪い?!結婚相手にふさわしい男性とは?!

結婚するならイケメンがいい!

イケメンと結婚して可愛い子供を産みたい!

そう思いませんか?

 

結婚して毎日見る旦那さん。

カッコよくて毎日ドキドキしたい。

ずーっと見ていられるカッコいい顔!

友達に紹介する時も自慢できるし、外を歩くのも鼻高々!

イケメンと結婚できるなんて幸せ!

 

そんなイメージを持っていると思いますが、イケメンと結婚して本当に幸せになれるでしょうか。

結婚して、初めて知る男性の一面が見えてくると、お付き合いしていた時のようにはいきません。

不満が出てきて、喧嘩する事が増え、付き合っている時は、こんなんじゃなかったのに!

と、昔を振り替える事もあるでしょう。

 

いい彼氏=いい夫ではないのです。




1.イケメンな男性と結婚したい!

まずは、イケメンの彼氏を作る事から始まりますが、男性を好きになる理由って、わからないものです。

どこが好きなの?と聞かれれば、優しいところ、面白いところ、誠実なところ、など答えがどんどん出てくるけれど、どうして好きになったの?と聞かれても答えに困るものです。

 

好きになった=タイプの男性=イケメン

と言ってもいいのではないでしょうか。

 

イケメンが好きな女性が多いと思いがちですが、イケメンは嫌だという女性もいます。

悪いイメージだと、

  • 浮気されそう
  • 自意識過剰
  • 自分大好き
  • ナルシスト
  • かっこよすぎてはずかしい
  • 自分とつり合っているか不安

という、イケメンじゃないほうが好きだという女性もいます。

 

結婚とは、お互い好き同士で結婚するのが一番の理想です。

好きじゃなければ、結婚という運びになりません。

ただ、好きな人と結婚したからといって、結婚生活が必ずうまくいくとは限りません。

こんなにお互いを想い合っているんだから、私達なら絶対結婚してもずっとうまくやっていける!

結婚前は、そんな期待を胸に明るい未来が待っていると思いますが、そうとは限りません…

 

2.結婚するなら顔より中身が大事!!

念願叶ってのイケメンとの結婚生活が始まったとします。

一緒にいるのは、すごく楽しい!

でも、家事を全く手伝わない、ソファーにずっと座っているような人だったらどう思いますか?

ご飯は出てくるのを待っているだけ、おいしいとも言わない、片付けなんてしないし、あれ持ってきてと指示を出してくる始末。

最初は、全部私がやってあげるからそれでいいと思うかもしれません。

しかし、それが長年続き子供が生まれたりすると、“全部私がやってあげる”という考えは変わっていきます。

一緒に生活してみて初めて気付く、価値観の違いや、金銭感覚の違い、育ってきた環境が違えば、生活習慣も違います。

色々な違いが出てくるたびに、驚いたり、怒ったり、顔がカッコいいだけでは、済まされなくなってきます。

 

付き合っている時は、カッコいい自慢のできる彼で満足だったけど、結婚して一緒に生活していくうちにカッコいいだけじゃだめだ…と、気付く時が来るはずです。

どんなにカッコよくても、優しさ、相手を思いやる気持ち、家庭を守ってくれる包容力がないと、妻の不満も募り、円満な結婚生活は送れません。

“彼氏”としては良かったけれど、“夫”としては良くなかった。

 

“男は見た目より中身”という言葉を痛感します。

 

3.男は中身重視!!心が大事!!

人には、必ず欠点があります。

優しい人だけど、頭が悪い。

誠実な人だけど、回りの空気を読めない。

明るい人だけど、自分の事しか考えない。

など、全てがパーフェクトな人は、いません。

 

イケメンで中身もイケメンなら言うことないのですが、そんな男性に出会える確率は、とても低いと思います。

 

幸せな結婚生活を送るには、中身を重視したほうが絶対に良いです。

仮に、自分のタイプの容姿じゃないけれど、とっても優しくていい人と、中身重視で結婚したとします。

その場合、一緒に生活しているうちに見慣れることもあるようです。

 

見た目重視で付き合った男性は、結婚しても幸せになれるでしょうか。

 

筆者の私は、イケメンと結婚して失敗したと感じた人です。

夫に出会う前にお付き合いした人達は、世間一般から見ると、カッコいいとは少しも違った人達でした。

でも、私から見るとカッコよく見えていました。

一度でもいいから、みんなからカッコいいと言われるようなイケメンと付き合ってみたいなと思っていました。

そんな時、イケメンな夫と出会い、運良く結婚しましたが、自分中心で、人の事は二の次、自分の事しか考えられない人でした。

それは、お付き合いしている時から、分かっていた正確ですが、その時は、それで良かったのです…

やはり、結婚して子供が生まれた今、家の事や子供の事、何も手伝ってくれない夫に毎日イライラする日々を送っています。

 

そして、これは我が家の場合の話ですが…

イケメンは、結婚して子供が生まれ落ち着き、年をとると、イケメンではなくなります。




よく読まれている記事

1

東京2020オリンピックで注目したいのは、もちろん競技もそうですが、実力もさることながら美貌も兼ね備えた美人・美女アスリートにも注目しちゃいますよね。 開会式から「東京オリンピックは美人が多い」と話題 ...

2

新型コロナウイルスのワクチン接種ですが、「65歳以下の人はいつ打てるのか?」気になりますよね。 もちろん、打ちたくないと言う方も一定数いらっしゃるかと思いますが、早めにワクチンを打ちたいと思われている ...

3

ワクチンパスポートの申請受付が、全国一斉に2021年7月26日から開始となります。 各市区町村で発行されるとあり、大田区ではどのように申請、発行したらいいのかご不明な点も多いかと思います。 そこで、大 ...

4

モンスターバンドで、いまだなお人気を集め続けている「L'Arc-en-Ciel」。 2021年2月で、結成30周年を迎えました。 hydeさんが30周年ライブのMCで「(30周年は)まだ始まったばかり ...

5

Massimo Dutti(マッシモドゥッティ)というブランドをご存知でしょうか? この記事を読まれているという時点で、既にご存知の方も多いかと思いますが、あのZARA(ザラ)の姉妹ブランドですね。 ...

-生活

© 2021 fumilog