生活

【生活】夏場、クーラーを使わず部屋を冷やす方法

もうすぐ夏がやってきます。花火大会や海水浴など楽しいこともたくさんあり、夏になったらなにをしようかなと考えていることだと思います。

しかしここ最近の日本の夏は本当に暑いと思いませんか?

できればクーラーは使わずに部屋を涼しくできたらいいなと思っているあなたにいい方法を紹介します。

 

1.部屋が暑い!それはなぜ?

「クーラーを使わなければ電気代が浮くのに、部屋が暑すぎる!」

こんなことが理由でクーラーをつけっぱなしにしている家庭は多くあります。

それではなぜ部屋はこんなにも暑くなりやすいのでしょうか。

 

原因①:直射日光が当たりすぎている

みなさんの家の窓はどの方角にありますか?

南向きに窓がある部屋が暑くなりやすい原因の多くがこの直射日光が当たりすぎていることにあります。

南向きの部屋というのはとても明るく人気の部屋ですが、光を多く取り込めるということはその分熱も多く取り込んでしまいます。

 

また西向きの部屋も西日によって暑くなりやすいというデメリットがあります。

 

原因②:湿度が高い

意外と暑さに関して重要なのが湿度です。

日本の夏は高温多湿で蒸し暑いですよね。

そのため部屋の湿度を下げてやるだけでも外よりだいぶ暮らしやすくなります。

 

エアコンの除湿機能を使ったり、お風呂やトイレのドアをしっかり閉めて湿気が入り込まないようにしましょう。

 

原因③:部屋自体が温まっている

あなたの家は鉄筋コンクリートでしょうか、断熱はしっかりとできているでしょうか。

コンクリートの部屋や断熱不足の部屋は部屋自体が熱を持ちやすく、いくらエアコンをつけても部屋が涼しくならないといったことが起きてしまいます。

 

このような家は溜め込んだ熱を夜に放出しようとするため、夜が寝苦しいということが多いです。

 

2.室内を涼しくする方法

部屋が温まりやすいことがわかりましたでしょうか?

では具体的にはどのようなことをすればクーラーを使わずに部屋を涼しくすることができるのでしょうか。

 

方法①:帰宅したら窓を開ける

帰宅したら部屋の中は熱気がこもっていると思います。

そのためすぐに窓を開け温まった空気を入れ替えましょう。

できるのであれば風を通してあげることによってより効果が表れます。

 

方法②:扇風機で熱を外に逃がす

窓を開けることと同時に、扇風機を窓辺にいて中の熱を逃がしてあげましょう。

この時扇風機は、窓の外に向けましょう。

そうすることによって、中の空気を外に逃がしてくれます。

 

方法③:ベランダや外壁に水を撒く

ベランダや外壁も直射日光などにより温められています。

水を撒くと気化熱で温度が下がる上に、そこをとおる風も冷やされます。

水を撒くのは気温が下がりつつある夕方が効果的です。

 

方法④:湿度をさげる

先ほども紹介したように、湿度が高すぎることも厚いと感じる原因です。

湿度を下げることによって、温度自体はそれほど変わらなくても快適と感じるようになるため、それが涼しいという感覚に繋がります。

 

エアコンのドライ機能や、除湿器をつかって湿度を下げるようにしましょう。

 

3.さらにあると尚、冷やす効果をあげるもの

上記で紹介した方法の他にも、これがあるともっとその効果を上げることができるというスペシャルな方法が存在します。

 

スペシャルな方法①:緑のカーテン

まずは緑のカーテンです。

見た目的にも涼しく、直射日光を遮ってくれる緑のカーテンは非常におすすめです。

すだれなどの人工物を使うこともできますが、生きている植物を使ってカーテンを作る方が、部屋の温度が上がりにくく効果があるということがわかっています。

 

緑のカーテンはゴーヤやキュウリなどの食べ物が生るもののほうが、その後も楽しめていいかもしれませんね。

 

スペシャルな方法②:ベランダにスノコを敷く

コンクリートのベランダは直射日光による照り返しがきつく、日差しをよく吸収し温度が上がりやすいです。

そのためベランダにスノコを敷くことで、照り返しを抑えることができるほか、スノコの上を通る空気も熱くならずその結果部屋にも暑い空気が入りにくくなります。

 

スペシャルな方法③:室内のカーテンを変える

室内のカーテンを遮光カーテンにしてみたり、サンシェードを取り付けるのもおすすめです。

UVカットなどの機能が付いたものが多いため、室内での日焼けの予防にもなります。

また目隠しや雨予防にもなりますので、一度取り付けてしまうとよいことばかりです。

 

まとめ

最後に、暑さの対策にはここまでに紹介した方法を組み合わせて使うことが大切です。

緑のカーテンを作って、ベランダに水を撒き、涼しい風を部屋の中にうまく取り入れてあげることができたのであれば、もうクーラーに頼ることはありません。

 

クーラーを付けなければ、電気代が浮くのでその分なにか他の夏のレジャーに使ってみたりもできます。

また自然を利用した方法で部屋を涼しくすることにより、クーラー冷えをしてしまい風邪をひいて遊びにいけないということもなくなります。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

よく読まれている記事

1

新型コロナウイルスのワクチン接種ですが、「65歳以下の人はいつ打てるのか?」気になりますよね。 もちろん、打ちたくないと言う方も一定数いらっしゃるかと思いますが、早めにワクチンを打ちたいと思われている ...

2

ワクチンパスポートの申請受付が、全国一斉に2021年7月26日から開始となります。 各市区町村で発行されるとあり、大田区ではどのように申請、発行したらいいのかご不明な点も多いかと思います。 そこで、大 ...

3

モンスターバンドで、いまだなお人気を集め続けている「L'Arc-en-Ciel」。 2021年2月で、結成30周年を迎えました。 hydeさんが30周年ライブのMCで「(30周年は)まだ始まったばかり ...

4

あなたは1日でスマホをどのくらい触っていますか? メールやライン、電話の時だけですか? それとも、動画を見たりゲームをしたりで1時間くらいですか?   時代は進化したもので、ポケットベル、P ...

5

Massimo Dutti(マッシモドゥッティ)というブランドをご存知でしょうか? この記事を読まれているという時点で、既にご存知の方も多いかと思いますが、あのZARA(ザラ)の姉妹ブランドですね。 ...

-生活

© 2021 fumilog