旅行

世界遺産シャーク湾はどこにある?日本からの行き方は?治安も気になる

世界遺産である「シャーク湾」ですが、あまり馴染みがない方も多いのではないでしょうか。

シャーク湾は西オーストラリアに位置しています。

とても綺麗なビーチが広がり、古代生物が今も生き続けている地として有名です。

そんなシャーク湾への行き方、治安情報をまとめました。




1.シャーク湾とは

シャーク湾は、西オーストラリアの沿岸に位置し、インド洋に面しています。

↓シャーク湾の場所はこちらです。

1991年に世界遺産(自然遺産)に登録されています。

穏やかな湾であり、貝殻でできた真っ白な「シェル・ビーチ」があります。

シェル・ビーチは全長約100kmにも及び、海中までも白い貝殻で埋め尽くされた世界に数箇所しかない珍しい光景が広がっています。
※同じシェルビーチとしてアメリカのボウマンズビーチ(フロリダ州のサニベル島)が有名です。

 

そして、特に有名なのが、「ストロマトライト」です。

世界最古の生命体と言われ、地球上で初めて酸素を作った生物とされています。

見た目はただの黒い岩ですが、その起源は27億〜35億年前と言われる太古から生き続けています。

 

2.日本からシャーク湾への行き方

日本からシャーク湾へ直行便はありません

オーストラリアについてから、国内線の乗り換えが必要です。

 

【行き方】

日本・成田空港から、オーストラリア・パース空港への直行便で移動(約10時間)

→パース空港から、シャークベイ空港(モンキーマイア空港)まで国内線で移動(約2時間30分)

→シャークベイ空港から、シャーク湾まで車で移動(約1時間)

 

となっています。

飛行機の乗り換え(transfer)はさほど難しくありません。

初めて海外旅行に行く方にとっては、戸惑ってしまうかもしれませんが、案内板をみて間違えないように歩けば大丈夫です。

心配な方は、初めてはツアーなどで行くのも良いですね。

 

3.シャーク湾周辺の治安

オーストラリアの治安は良いです。

シャーク湾周辺のモンキーマイアについても、特段悪いといったこともなさそうです。

ただ、日本と比べると一般犯罪率は少し高いようですので、窃盗などに注意を払って下さい。

https://yfumilog.com/2019/10/27/%e3%80%90%e3%82%a4%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%bb%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%9e%e7%b7%a8%e3%80%91%e6%b5%b7%e5%a4%96%e6%97%85%e8%a1%8c%e3%81%a7%e5%a4%b1%e6%95%97%e8%ab%87%e3%81%8b%e3%82%89%e5%ad%a6/

野生生物に注意が必要!

オーストラリアで注意しないといけないのが、シャークアタック(サメに襲われること)です。

サメに襲われる確率としては「2万5,641人中1人」と、一生の中でなかなか遭遇しない確率ですが、念には念が必要です。

オーストラリアのビーチには、赤と黄色のフラッグがあり、そこが遊泳範囲となっています。

そのフラッグの外に行かないことと、シャークアタックの注意を促すアラートに必ず従うようにしましょう。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。

コロナウイルスの影響が続く今、シャーク湾にはまだ行けそうにありませんが、明けた後の楽しみとして計画を立てておくのも良いですね。^^

 




よく読まれている記事

1

東京2020オリンピックで注目したいのは、もちろん競技もそうですが、実力もさることながら美貌も兼ね備えた美人・美女アスリートにも注目しちゃいますよね。 開会式から「東京オリンピックは美人が多い」と話題 ...

2

新型コロナウイルスのワクチン接種ですが、「65歳以下の人はいつ打てるのか?」気になりますよね。 もちろん、打ちたくないと言う方も一定数いらっしゃるかと思いますが、早めにワクチンを打ちたいと思われている ...

3

ワクチンパスポートの申請受付が、全国一斉に2021年7月26日から開始となります。 各市区町村で発行されるとあり、大田区ではどのように申請、発行したらいいのかご不明な点も多いかと思います。 そこで、大 ...

4

モンスターバンドで、いまだなお人気を集め続けている「L'Arc-en-Ciel」。 2021年2月で、結成30周年を迎えました。 hydeさんが30周年ライブのMCで「(30周年は)まだ始まったばかり ...

5

Massimo Dutti(マッシモドゥッティ)というブランドをご存知でしょうか? この記事を読まれているという時点で、既にご存知の方も多いかと思いますが、あのZARA(ザラ)の姉妹ブランドですね。 ...

-旅行

© 2021 fumilog