【女性の本音】イクメンになりそうな彼氏の見分け方!イクメンになりたいなら意見を知りましょう!

生活

あなたはイクメンになりたいですか?

「イクメン」と言えば、モテる男性の条件の一つと言っても過言ではないと思います。

ただ、モテたいと思うばかりに、自分磨きに専念しすぎて、周りが見えていなかったりしませんか?

今回は、「イクメンになりそうな彼氏の見分け方」を知人の女性(育児真っ最中の方)にヒアリングしてきました。

男性目線と女性目線は異なります。

だからこそ、その意見を尊重してインプットする必要があると思っています。

あなたがもし、「結局イクメンって、女性は何を求めているのかな?」と知らないのであれば、ぜひ参考にしてみてください!

1.イクメンになりそうな彼氏の3つのポイント!!

「自分の彼氏はイクメンになるのか。」

「二人の子供は、2人で育児したい!」

「いつかは大好きな彼氏と結婚して子供が欲しい!」

「どんなタイプの人が、イクメンになりそうなのか…」

自分の彼氏に当てはまるか、女性はいつもチェックしています。

そこで、ここではイクメンになりそうな彼氏について、ポイントを掘り下げていきます。

 

イクメンになりそうな彼氏の3つのポイント!!

1.子供が好きな人

イクメンの第一条件は、子供が好きな人です。

親戚の子供とよく遊んでいる彼氏。

デート中、レストランで赤ちゃんが泣いていてもニコニコ笑っていられる彼氏。

お母さんに抱かれている赤ちゃんに変な顔してあやす彼氏。

子供が好きな男性は、とても魅力的に思います。

人の子供を可愛がれるということは、

自分の子供は、それ以上に可愛がるはずです! 

やっぱり子供好きは外せないです〜

2.心穏やかで優しい人

ちょっとした事では怒らない優しい人です。

自分のワガママを聞いてくれる彼氏。

「いいよ」「大丈夫だよ」が口癖の彼氏。

率先して力仕事をしてくれる彼氏。

愚直を聞かされても、一緒になって愚直を言わない彼氏。

不思議と子供から寄ってきてくれる彼氏。

子供とは不思議で、心穏やかな人・優しい人に近寄って行きます。

 

子供は、とっても可愛いです。

でも育児は、可愛いだけでは済まされないものです。

ギャンギャン泣いて泣き止まない、抱っこしててもずーっと寝ない、寝たかと思って布団におろすとまた泣く。

何度も何度も心折れそうになります。

そんな時、心穏やかな人ならきっと優しく子供を抱いて、くじけそうになっている自分の事も励ましてくれるはずです!

そもそも、付き合う前からこの条件は必要何ですけどね!

3.自分よりも相手の事を考えられる人

親に一度は言われた事ありませんか?

【人の立場になって考えなさい】

日々心がけてはいても、なかなか難しい事だと思います。

これができている彼氏は素晴らしい!

 

喧嘩すると、ごめんねと謝ってくれる彼氏。

ご飯を食べに行く時は、いつも彼女が食べたいものを食べに連れて行ってくれる彼氏。

力仕事は、いつも率先してやってくれる彼氏。 

お腹が空いていても、先に自分に食べさせてくれる彼氏。

社員旅行に行ったら、彼女へのお土産ばかり買ってくる彼氏。

 

子育ては、何よりも子供中心の生活になります。

今、これやりたいからオムツ変えるのはあとで!なんて事はできません。

赤ちゃんが泣いていれば、自分のご飯なんて食べる暇はありません。

子育てに待って!は言えないのです。

自分よりも相手を想ってくれる人なら子供の事もママの事も大切にしてくれます!

毎日寝不足なママに変わって、「今日の夜は俺が見るから、ゆっくり寝て!」なんて優しい言葉をかけてくれるはず!

こんなセリフ言われたいです〜(ウチはいつ言ってくれるのか…)

2.イクメンにならなそうな彼氏の3つのポイント!!

それでは逆に、残念ながらイクメンにならなそうな彼氏のポイントをお伝えしていきます。

個人差がありますので、「必ず」という訳ではありませんのであしからず。

ただ、このポイントに当てはまった方はちょっと気を付けた方が良いかも(?)しれません。

 

イクメンにならなそうな彼氏の3つのポイント!!

1.子供が嫌いな人

嫌いという理由の中には、あやし方・接し方がわからないという男性もいるのではないかと思います。

 

もしくは、根っからの子供嫌いです。

街中や電車などで、赤ちゃんが泣いていると、文句を言っているおじさんをみかけます。

「あなたもギャンギャン泣く赤ちゃんだったでしょ。」と思ってしまいます。

そんな人を見ると、子供いないのかな?いたとしても、育児は何も手伝ってなかったんだろうなと思ってしまいます。 

 

2.自己中心的な人

自分の事ばかり考えている人は、世界は自分中心に動いていると思っています。

育児をしながらだと、掃除、洗濯、それに食事の支度もなかなか難しくなります。

子供の機嫌が悪くて、夜になっても晩御飯が作れない日があったとします。

しかし、そんな自己中心的な男性は、自分が帰ってきたから「ご飯だ。なんで用意ができていないんだ。」と、奥さんがどれだけ大変だったのかは、考えてくれません。

夫婦喧嘩の原因になるかもしれません。

仕事で疲れているから。という理由で育児に参加するのは少ないかも…

 

3.自分の時間がほしい人

自分の時間、好きな事をする時間は、大切だと思います。

しかし子供が生まれたら、自分の自由な時間は一切なくなると思ったほうが身のためです。

そんな時、子供が生まれてからも自分の時間が欲しいからと自分の部屋から出てこなかったり…、イヤホンしてゲームをし始めたり…、イクメンになる可能性は低そうです。

少なからず、この3点は気にして欲しいですね!

 

3.イクメン=良い夫とは限らない

イクメン=育児を積極的に行う男性。

育児とは、ミルク、オムツ交換、お風呂、着替え、抱っこ、寝かしつけ…

簡単に言うと、生まれたての赤ちゃんのお世話です。

 

夫は育児にあまり参加してくれない。

赤ちゃんの面倒をあまり見てくれない。

だからと言って、ダメな夫ではありませんよ!

 

男の人って、大きくなったら子供の一番の遊び相手になってくれます。

特に、子供が男の子だと一生懸命遊びます!

全力で遊びます!一緒になって楽しみます!

 

赤ちゃんが大きくなって、ハイハイできるようになり、歩けるようになり、走るようになり、

ある程度成長すると、自分も一緒に楽しみながら遊べる日がきます。

 

育児してる期間よりも、一緒に遊べるようになったあとのほうが長いのです。

 

もちろん育児は、夫婦二人でするのが理想的ではありますが、男と女、得意分野が違うのかもしれません。

 

大好きな彼氏と結婚するのが一番です。

その彼氏が将来イクメンになってくれたら嬉しいですね。

読んでくれているあなたも、良い夫になりそうだと、彼女さんから思ってもらえることを祈っています!

 

4.まとめ

今回、女性のリアルな本音を交えて、お伝えしてみました。

当然のことといえば当然のことに思えるような内容もありますが、改めて聞くとまた違うのではないでしょうか?

イクメンになりたい、彼女が奥さんになってもずっと良い関係を築きたい、喜んでもらいたい。という方は、ぜひ参考にされてみてはいかがでしょうか。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました